大般若十六善神

疾病退散を祈念し、お不動様ご宝前に、
大般若経並びに釈迦三尊十六善神掛軸を祀り、
大般若経転読付き大護摩供を修行しております。
ご参詣の皆様にはマスク着用いただき、
声をださず、気持ちの中でご真言をお唱えいただいております。
いまだ予断をゆるさない状況ですが、
だからこそ、般若の智慧が説かれる
大般若経の功徳があります。

かさまつ

境内の笠松(かさまつ)を支える竹を新調しました。
当山では、この松の葉を帽子にさしておくと、日射病予防になると伝わっています。
困難な状況が続いています。
皆様の無魔息災と、神仏のご加護を重ねて祈念しております。

田おこし

4月末「田おこし」がはじまります。
田んぼの土のなかから悪い虫がでてきて病気がはやる。
そのお祓いで「大般若」の祈祷をすると師から伝わっております。
本年は縁日護摩と併せて修行しました。
神仏ご加護のもと、各位、ご自愛専一に、お過ごしください。

▲寺の北、栗駒山をのぞむ(4月28日)

梅と樒

彼岸中日過ぎ、花梅と樒(シキミ)が開花しました。

お大師さまの言葉を紹介します。
「質多(しった=心)の萬華、咲(えみ)を含んで諸尊眼を開かん」
「供えた万華は聖衆の心蓮となり、心蓮が人びとに向い、さとりの眼を開かせる」
『高野山万燈会の願文』(『弘法大師著作全集3』p.364f.)

星まつり

2月3日春節分に星祭りを厳修いたしました。
星供曼荼羅を御宝前に祀り、除災招福を祈念し、
追儺(ついな)の豆まきをおこないました。

維摩経

昨年1月から読み始めた『維摩経(ゆいまきょう)』。
今年もひきつづき読み進め、3月には通読できそうです。
4月からは、また冒頭から勉強する予定でいます。
お経の勉強を通じ、お寺や仏教に関わるさまざまな事柄のお話をしております。
毎月28日、朝9時30分から10時30分の1時間。
場所は松景院会館(テーブルイス)。講師は住職。
随時参加可能です。参加ご志納1000円。

笑顔!

12月28日は納め不動ご縁日。
ご縁を重ねご加護いただいたことに感謝。
令和2年正月にご奉仕いただく巫女さんたちの笑顔です!
たくさんのご利益がみんな平等にゆきわたりますように。

山号額

11月6日、先住忌法要を厳修いたしました。
大導師猊下より山号額「梅光山」を揮毫いただき追善としました。
本堂内入り口に掲げ、ご参詣のみなさまには、
ご縁を結んでいただいております。

秋の風景

秋彼岸が過ぎると稲刈りが始まります。
周囲は見渡すかぎりの黄金色。
早朝、寺の西側、舟形連山の眺めです。